logo

紙芝居・絵本作家。
0〜3歳までをフランス・パリで育った経験をもとに、日本とフランスを紙芝居文化で繋ぐ活動を行う。 2010年度多摩美術大学大学院美術研究科修了。その後演劇集団アクト青山、日本マイム研究所で舞台芸術を学び、2013年より紙芝居活動を開始。紙芝居文化の会会員。
自身のプロジェクト『青い小鳩の紙芝居 Les Troubadours Colombe Bleue』では紙芝居活動を出版、上演、ワークショップの三本柱とし、日本とフランスの両方で展開した。 Japan Expo 2014 やアンスティテュ・フランセ東京(東京日仏学院)でのイベントのほか、藤田嗣治記念館、パリ国立天文台、パリ国立自然史博物館、その他フランス各地の小学校や図書館で紙芝居を上演し、数々の小学校とも提携し紙芝居の授業を行う。
2017年、パリ日本文化会館での、紙芝居文化の会会長・酒井京子氏の講演会を企画したことをきっかけに、紙芝居文化の会による紙芝居理論をより深く実践してゆきたいとの想いを持つ。
2018年、リヨンのアーティストたちと紙芝居集団Ultramobile(ウルトラモビル)を立ち上げ、リヨン私立図書館における紙芝居図書館プロジェクトの公式パートナーとなる。同じ図書館では2019年11月22日、紙芝居文化の会の講座と上演が行われ、その企画も担当。
2020年、2021年にはフランス国内紙芝居コンクールKamilalaの審査員を務める。

出版作
- フランス
紙芝居『Les Parapluies Magiques(魔法の傘)』(Kamishibais Editions, 2015)
絵本『Sa majesté Princesse Elise(やんごとなきヒグマのエリー姫)』(Lire,c’est partir!, 2015)
紙芝居『La poule brune et le renard fûté(めんどりさんとキツネさん)』(Kamishibais Editions, 2016)
紙芝居『Le Chapeau Charmant(すてきなぼうし)』(Kamishibais Editions, 2016)
絵本『GEN-le chien qui a survi le tsunami-(ゲンちゃん、津波を生き延びた犬)』(Lire, c’est partir!, 2016)
絵本『Le renard qui partait à l’aventure(出て行くことにしたキツネ)』(Lire, c’est partir!, 2019)

- ドイツ
紙芝居『Herr Möwe, der Briefträger(かもめのゆうびんやさん)』(Aya Puster Verlag)

- 日本
電子紙芝居『ぎんがつむり』(Studio Post Age, 2015)』
紙芝居『だれもしらないミツバチのものがたり』(原作・後藤純子、絵・脚本・築野友衣子、日本在来種ミツバチの会)』など。

受賞歴
- 2013年 国立アートイマジンギャラリー 新人賞
- 2015年 星と森と絵本の家 絵本作品公募 優秀作
- 2020年 スロベニア・ピラン紙芝居フェスティバル
    「Beli Delfin」賞・「Morigenos」賞

そのほか主な活動
- The Art of Kamishibai (The International Symposium of Kamishibai ) (2018年5月、スロベニア・リュブリャナ)
- Piran White Dolphin International Kamishibai Festival
(2019年8月、2020年8月、スロベニア・ピラン)
- International Kamishibai Project "Peru y Japón, Unidos por las Historias" (2019年8〜9月、ペルー・リマ)
- 紙芝居学びの日 Les Rencontres du Kamishibaï (2019年11月21日 小さな丸い図書館主催、パリ日本文化会館にて。発表:紙芝居のイラストレーションについて)

© 2008 - 2021 - Yuiko Tsuno